必要なページ設定について

一つのアイテムを宣伝するのなら

ホームページを作成するときには、ページ数をどれくらいにするか、設定してから作業を開始するとよいです。もし、企業やお店を紹介するのではなく、一つのアイテムだけを売りたいと考えるなら、一ページのみのホームページを作成しても大丈夫です。ホームページの上部からアイテムの情報を説明していって、下部には申し込み用のフォームを設置すればよいだけなので、簡単に作成したい場合にもピッタリだといえます。もちろん、一つのアイテムだけ取り扱うとしても、複雑なものならば、複数のページを利用して説明するのもよいでしょう。購入するための導線さえしっかりとしていれば、一ページでも複数ページでも問題ありません。もしも、どちらにすればよいか分からないのなら、両方のホームページを作成しましょう。

無駄に増やすのもよくないが減らすのもよくない

企業やお店を紹介するときは、ある程度の情報量がいるので、どのようなコンテンツが必要なのか考えた上でページ数を考えましょう。こだわりや紹介文やQ&Aなど、ホームページに必要なコンテンツはたくさんあるため、計画の段階でページ数を計算することが大切です。なお、最初に設定したページ数にこだわってしまい、無駄なものを作ったり必要なものを削るのはよくありません。情報を伝えるためにホームページを作成するのですから、ページ数よりも使い勝手のよさを最優先しましょう。ちなみに、あとからページ数をどんどん追加して行くタイプのホームページもあります。もしも、そちらを作りたいのなら、トップページがゴチャゴチャにならないようにデザインしましょう。ページ数が多くても読みやすいホームページを作るのは可能です。